2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« スタッフそれぞれの思い~[1]感謝と応援の言葉を贈ります~ | トップページ | スタッフそれぞれの思い~[3]「思い出した!」娘の感想にびっくり!!~ »

2012年2月21日 (火)

スタッフそれぞれの思い~[2]私の大切な映画の1本になりそう~

Yahoo!JAPAN
『うまれる』上映会スタッフが、試写したり、運営に参加したりする中で思い出したこと、気づいたこと、伝えたいことなどを掲載していきます。

私の大切な映画の1本になりそう

私が初めて映画『うまれる』を知ったのは、子育ての日々の日記をつづっている方のいつも大事に読ませてもらっているブログでした。

この方は映画の出演者の方とお知り合いで映画の告知をなされていました。映画の内容や一人目を出産する時から愛読させてもらっていた本の著書である鮫島先生も少しご出演されていたりで、とても気になっていた映画です。

偶然にも有難い事にサークルで自主上映会をすることになり代表の植村さんよりお声がけいただきました。微力ではありますがこの映画に参加でき、とても嬉しく思います。

映画では出演者の方がそれぞれの命と向き合う日常が映し出されていて、その姿を見ていると生きていることが時々あたりまえの様に思えてしまう日々の中で、改めて生まれた命に感謝する気持ちでいっぱいになりました。

今まで出会えた人たちと奇跡的な確率で同じ時代に生まれ、同じ時間を一緒に過ごすことができて本当に生まれてよかったのだと感じました。たとえわずかな時間だったとしても、それはすばらしい出来事です。

見る方によって感じるところは違うかもしれないけれど、出演者の方の日々の姿勢と映画をつくった方の想いが心あたたかくしてくれる映画だと思います。これから先、私の大切な映画の一本にもなりそうです。

受付担当 山崎(当日、主に物販を担当しています♪)


最新情報を一覧できるお知らせボードも見てね!

« スタッフそれぞれの思い~[1]感謝と応援の言葉を贈ります~ | トップページ | スタッフそれぞれの思い~[3]「思い出した!」娘の感想にびっくり!!~ »

うまれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタッフそれぞれの思い~[1]感謝と応援の言葉を贈ります~ | トップページ | スタッフそれぞれの思い~[3]「思い出した!」娘の感想にびっくり!!~ »