2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« スタッフそれぞれの思い~[4]心の奥にあるものに気づける映画~ | トップページ | 上映までの道のり[8]~打ち合わせ~ »

2012年2月23日 (木)

スタッフそれぞれの思い~[5]頑張ってみよう。前に進むしかない~

『うまれる』上映会スタッフが、試写したり、運営に参加したりする中で思い出したこと、気づいたこと、伝えたいことなどを掲載していきます。

やっぱり頑張ってみよう。前に進むしかない

最近「この映画は泣ける!」みたいな泣けることを売りにした映画がとても多くて、
そういうのが苦手な私ですが、サークルでの自主上映が決まってから初めて
この『うまれる』を知って、どんなふうに4組の夫婦がそれぞれの妊娠・出産を経験し、
受け止めていくんだろう…と、とても興味を持ちました。

映画は思っていたよりもずっと淡々とそれぞれの経験や思い、
‘うまれる‘ことの奇跡、夫婦の絆が伝わってくるものでした。

シンプルでストレートで、観た人がそれぞれに受け止めて前向きになれる、
そんな映画だと私は感じました。もちろんけっこう泣いてしまいました…。

私には今1歳10ヶ月の娘がいます。2度の流産を経験しやっと出会えた大切な命です。
この子を妊娠した時はうれしさよりも、またダメかもしれない…
そんな不安の方が強かったことを覚えています。
そして最近、そろそろ二人目を…と考えていますが、子育てに追われる毎日の中で
ちょっと忘れていた流産の経験がよみがえり、妊娠できるだろうか?
妊娠してもまた流産するかもしれない…と不安ばかりがつのっていました。
周りではママ友が次々に二人目を妊娠、出産していくように見えて、羨ましく思えたり。

だけどこの映画を観て、「やっぱり頑張ってみよう。辛くて苦しい結果が待っているかもしれないけど、
前に進むしかない。どんな結果も自分で受け止めるしかないんだな。」と思いました。

そして、絶対にそばにいてくれるダンナとかわいい娘という家族を作れたこと、
自分を産んでくれた両親、一緒に育った姉兄がいることに感謝し、
本当に幸せだと改めて思っています。


託児担当 塩野(当日、主にスタッフの託児を担当しています♪)


最新情報を一覧できるお知らせボードも見てね!

« スタッフそれぞれの思い~[4]心の奥にあるものに気づける映画~ | トップページ | 上映までの道のり[8]~打ち合わせ~ »

うまれる」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタッフそれぞれの思い~[4]心の奥にあるものに気づける映画~ | トップページ | 上映までの道のり[8]~打ち合わせ~ »